自分の捉え方次第って、どういうことですか?

 

自分の身体の状態が、自分は今どんな気持ちなのかに気付く、心からのサイン

 

 

自分の捉え方次第で、起きている出来事に対する気持ちが変わり、その後の行動が変わります。

 

起きている出来事は変わりませんが、その出来事をどの視点から見るかで、行動をしにくくなっていた自分の気持ちや感覚が変わり、行動しやすくなるためです。

 

例えば、私の場合、娘を抱っこして、寝かしつけをしていた時のことです。

 

「眠いよー!!」と言いたいのが伝わってくる激しい泣き方で、「眠いなら寝ておくれ~(-_-;)」と、私自身も抱っこが辛くなっていました。

 

その時にふと、「でも、娘がこうして抱っこして寝てくれる時期は、あっという間に過ぎるんだろうな」と思ったんです。

 

そう捉えると、抱っこしている娘の体温、重みが、なんだかさらに愛おしく思え、「辛いなー」という気持ちも、無くなった訳ではありませんが、すっと軽くなって、私自身びっくりしました。

 

抱っこする腕も、辛かったのが、不思議としっかり抱っこする力が湧いてきて、重い感覚が変わったんです。

 

「今だけの、この時間を、味わって大切にしよう」と、娘が寝息をたてるまで、しっかり抱っこしました。

 

その日の後も、娘が寝る時に激しく泣く、というのも事実だけれど、「今限定の大切な時間」と捉え、かけがえのない時間になっています。

 

自分の捉え方次第で、起きている出来事に対する気持ちが変わり、その後の行動が変わることに繋がります。